アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎の原因

●アレルギー
アレルギー原因物質が体内に入ることによりアレルギー反応が起き、炎症、かゆみが生じます。

●バリア機能
皮膚が乾燥気味になるとバリア機能が低下し、掻くことで爪の中にある菌を植え付けてしまい、
炎症・かゆみが生じます。

●ストレス
ストレスを感じることで、より掻き壊し症状を悪化させてしまいます。

●薬剤依存
ステロイドやプロトピックの長期連用、それを原因とする副作用が起こることもあります。

アトピー性皮膚炎の症状

強いかゆみのあるのが特徴で、かゆみは布団に入って温まったり、
入浴後にかゆみが強くなることが多いです。

掻きむしることを繰り返すことによって、皮疹の状態が悪化してしまうので、
かゆみを軽減させることが重要です。

掻くことが快感となってしまうので、我慢しようとしてもできなくなって、習慣化してしまいます。
掻くことがクセになってしまい、イライラ・緊張・あせり・興奮などの時につい掻いてしまいます。
これを「掻破依存性」と呼びます。