大人ニキビ

大人になってから出てくるニキビの原因は
①ホルモンのアンバランス(特に生理前後)
②睡眠不足
③自律神経の不安定
④糖類の過剰摂取(糖類はビタミンB郡やカルシウム不足になりやすい)
⑤胃腸障害(便秘など)
⑥肝臓障害(解毒作用の低下)
⑦薬の副作用(塗り薬や飲み薬)
⑧アレルギー
⑨季節の変わり目
⑩肌に合わない化粧品
⑪紫外線の影響
などがあります。

●月経の関与

女性に多く見られる月経の前後に出てくるニキビはホルモンの分泌と関係しています。
女性の肌は排卵日のあたりが一番決めが整い美しくなります。
月経開始前は肌のバリア機能が低下しているため、外からの刺激を受けやすくなり
トラブルが多くなります。

その逆で排卵前の時期は肌のバリア機能が高く、外からの刺激をシャットアウトし、
肌への影響を少なくするのです。

●ステロイドの関与

副腎皮質ホルモン(ステロイド剤)の長期内服や塗薬でニキビが出ることがあります。
いわゆる「ステロイドアクネ」と呼ばれるものです。
ステロイドアクネは普通のニキビと違い、ツルツルした感じの赤く光沢がある丘疹で
薬を中止すれば時間とともに治ります。

●食事の関与

美容に良いと言われる果物もカロリーが高いと要注意です。
甘い果物に含まれる果糖が問題になります。
基本的には野菜を充分に摂る事が大事です。

●紫外線の関与

紫外線により皮脂が酸化し過酸化脂質に変わります。
過酸化脂質は粘りが強いため、毛穴を詰まらせアクネ菌が増殖してしまいます。
さらに皮膚の機能低下によって、角質の代謝がスムーズの起こらなくなり
毛穴を詰まらせてしまい、ニキビができやすい環境を作ってしまうのです。

上のQRコードから友達追加をし、ご相談内容、写真を添付して送信してください。