ガンを克服していくために

第一は「ガン体質の改善」です。

 

キレイにとれたはずのガン、治ったはずのガンが、なぜ2~3年で再発するのかという事です。

からだ自身が長年かけてガン体質(ガンが育ちやすい・生き残りやすい・正常細胞がガン化しやすい)になってしまっているのでこれを改善していく事がとても重要です。

これはガン予防にもいえますし、手術後、放射線治療後、抗がん剤・ホルモン剤療法中においても大切です。

がん細胞は家庭内の不良みたいなもので、家庭環境が悪かったためにぐれてしまったのです。だから家庭環境が変わらない限り第二第三の不良少年がやってきます。でも家庭環境が良くなれば不良少年は再生します。なので家庭環境であるガン体質を改善することが必須なのです。

 

第二は「免疫を活性化させる」です。

 

同じような物を食べ同じような生活をしている兄弟でも風邪をひきやすい子とそうでない子がいます。それは免疫力の差です。

免疫を活性化するものもたくさん出回っていますが要は質とデーターです。質がよく、しっかりしたデーターが出ているものを選ぶ必要があります。

 

第三は「ガンを死滅させる」事です。

がんに直接働きかけ、自滅に追い込むようなものを取り入れる。

がん細胞は毎日何千個とつくられているのですが、血流や免疫機構がしっかりしていれば、成長しません。

基本的にガン体質の方は血栓体質で血液の粘りがきついと言われます。

食習慣、生活習慣が乱れ、持続的なストレスがかかると、発症してしまいます。なので、ほとんどのガンが生活習慣病と言われているのです。

昔はガンと言うと治らない病気と思われていました。しかし今では、手術、放射線、抗がん剤の三大療法以外に食養生、温灸、漢方、サプリなどを利用して治っている方も多いです。

 

そして後は気持ちです。ガンと言われ打ちひしがれるのではなく、「がんなんて大したことないわ~」と思う事が一番です。