女性ホルモン エストロゲン

エストロゲン(女性ホルモン)エストロゲンは、卵胞ホルモンとも呼ばれています。

エストロゲンが出ていることによって月経と妊娠があり、肌もツヤツヤで髪の毛も多く、張りのある乳房になるなどの作用があります。

また、エストロゲンは、血管や骨も強くし脳や自律神経の働きを促進させるなど健康維持にも効果を発揮します。

エストロゲンが増えれば、おりものが増えます。

おりものは、子宮内に菌が入るのを防いでくれます。

また、受精に必要な精子を通りやすくしてくれます。

エストロゲンの分泌量が減少することによって更年期障害を引き起こします。

また、分泌のバランスが崩れると生理不順や不妊の原因ともなります。

エストロゲンの主な作用は以下のようなものがあります。

・ 女性らしい丸みを帯びた体をつくりだす。

・  子宮、卵巣、膣、乳房など女性性器の成熟を促す。

・  子宮壁を厚くし、受精卵が着床できる状態をつくる。

・  規則ただしく月経をおこす。

・  血管を広げて血流を促進させる。

・  悪玉コレステロール(LDL)と総コレステロールを抑えて、善玉コレステロール(HDL)を増やす。

・ 血液が固まる能力を高める。

・ 全身の水分とナトリウムの貯留作用がある。

・  皮下脂肪を増やす(とくに乳房、腰、太ももなど)。

・  皮膚では、コラーゲン(結合組織)の合成を進め、柔軟な皮膚組織やつやのある肌を保つ。

・  骨が失われる速さとつくられる速さの調節をし、骨量のバランスを保つ。

・  膣内を酸性に保つデーデルライン桿菌に栄養を与え、膣内の柔軟さを保つ。

・  自律神経を安定させる。

エストロゲンという女性ホルモンは、ときには女性特有の病気の原因になる場合もあります。

乳がんと子宮がんです。

エストロゲンは、乳房をふくよかにする効果がありますが、それと同時に乳がんを誘発することがあるのです。

初潮が早かったり出産経験がない人の乳がん発症率は若干高くなるという統計もあります 。

また、月経がある状態にむやみにエストロゲンの量を増やすと月経異常である月経不順、無排卵などが起こる可能性がないとはいえません。