耳鳴り

耳の異常は漢方では、腎の衰えととらえ、腎機能を高める漢方を用いて治療することが多いものです。

現代人の感覚からすると、腎は体に溜まった余分な水分を排泄する働き(機能)と考えがちですが、漢方でいう腎はもっと広い意味を込めて理解しています。

生命活動の原動力を提供する臓器であり、生殖・成長・発育にかかわると考えられています。

したがって、この機能が衰えると老化が早まり、老化現象としての耳鳴り、聴力低下などの耳の異常が発生すると考えます。

また、強いストレスから発生することもあります。

血管の詰まりからおこることもりますので、早めの予防が大事です。