卵管異常の原因

卵管の異常は、女性側の原因で最も多いものです。
非常に繊細な働きを持つ卵管は壊れやすいガラス細工のようなものですから、何度か卵子をキャッチしたり、卵管周囲の癒着などがあると、たちまち機能が低下してしまいます。
卵管にダメージを受けると、卵巣から飛び出す卵子をうまくキャッチできなくなったり、たとえキャッチできても、卵管の中を子宮までうまく卵子を運べなくなる結果、不妊症となります。

●卵管炎

病原微生物が膣や子宮内に進入して感染し、炎症を起こすと卵管がつまったり繊毛を
失ったりして不妊症になる。クラミジア、大腸菌、淋菌など。

●子宮内膜症

子宮内膜と同じような組織が子宮内膜以外の場所にも増殖してそこから出血して炎症を起こし、その結果癒着が生じたり、行き場の無い血液が溜まる。

卵巣の中に溜まると、卵巣嚢胞と呼ばれ、中の血液が古くなると、チョコレート嚢胞と呼ばれる。また、子宮の筋肉の中にできた子宮内膜症は、子宮腺筋症という。卵巣にできた子宮内膜症は、排卵を妨げたり、卵巣周囲に癒着を招いて排卵された卵子が卵管に吸い込まれるのを妨げる。

●卵管留水腫

卵管に細菌などが感染して炎症を起こすと、卵管内に分泌物や膿がたまって、腫れあがる。

炎症が更に進むと卵管の先の卵管采が閉塞し、中の分泌物や膿が吸収されその後に水がたまる。

卵管采が閉じてしまうと排卵された卵子を卵管内に取り込めなくなり、不妊の原因となる。