若年性更年期障害

若年性更年期障害とは、更年期(45~55歳くらい)ではない

閉経を迎える年齢ではないのに、更年期障害と同じような症状が出ている状態を言います。

卵巣は脳の視床下部から指令を受け、女性ホルモンのエストロゲンの分泌調整を行っています。

若年性更年期障害の場合には卵巣機能自体に問題はありませんが、視床下部からの指令がうまく働かず、女性ホルモンが作られなくなり、更年期のころと同様の症状が出てしまったものをいいます。

強いストレスを受けたり、甲状腺などが関係することもあります。