皮膚病ご相談症状例

■掌蹠膿庖症(しょうせきのうほうしょう■
(症状) 手掌、足底に水泡が散布。集まり発生しすぐ膿庖となる。膿庖がやぶれ、かさぶたと落せつが混ざり、皮膚が赤く角化しひどくなるとヒビワレになる。
(原因) 原因は不明な部分は多いが、歯槽膿漏、慢性扁桃炎などの治療により治癒軽快する例もある。 (にせ水虫といわれ、水虫と間違われやすいので注意が必要)

 

■貨幣状湿疹■
(症状) 痒みが強い湿潤したコイン状の湿疹が現れる。
(原因) 不明の部分も多いが、加齢により皮膚の能力が落ち、脂の量も減るため、
下肢部分に多い。
(注)貨幣状湿疹についている細菌が分解されたものや、皮膚の壊れた物質が血流を介して、他のところに同じような湿疹をつくる(自家感作性皮膚炎)

 

■乳児多発性汗腺膿瘍■ (あせものより)
(症状) 乳児、新生児の疾患で、あえもの時期に多く、頭、うなじ、お尻などにできる、大小の痛みのある紅色の丘疹。
(原因) 化膿菌が汗孔から入り化膿して起こる。多くはあせもなどから始まり、そこが化膿菌に感染し起こると思われる。 ※汗疹(あせも)汗をかき汗管が詰まり、溜まった汗が汗管周囲の組織にもれ出して起こる。

 

■伝染性膿痂疹■(とびひ)
(症状) 水泡、膿胞が破れてビランとなり、それを縁取るように水泡になる。
(原因) 化膿菌が汗孔、毛孔を通らず直接表皮角質の間に侵入してできる化膿菌による疾患。